ランドセルが壊れてしまった場合の修理について

ランドセルが壊れてしまった場合、どうしたらいいの?
修理するにはいくらくらいかかる?
直してもらう間のランドセルはどうするの?

ランドセルの修理に関する疑問についてまとめました。

ランドセルが壊れてしまったら

ランドセルが壊れてしまったら、
購入したお店に持ち込んで対応してもらうのが一番スムーズです。

ランドセルを販売している店舗は、ほとんどの場合
製造元やメーカーとの間で修理についてのマニュアルを持っているので
面倒なことはほとんどありません。

販売店が遠方の場合

  • インターネットショップで購入した場合
  • 遠くの有名ブランドから取り寄せた場合

こういったケースでは、販売店が近くにないことも多いですね。
その場合でも、電話やメールでの相談窓口があるので心配いりません。

まずは壊れたパーツや破損状況を伝えて、
修理にかかる時間や費用について聞いてみましょう。

販売店や工房まで持ち込まなくても、
郵送で修理に応じてくれるので、販売店が県外など遠方の場合でも大丈夫です。

修理にはどれくらいかかる?

壊れた箇所や破損の具合によって、修理に必要な期間は変わってきます。
目安としては、だいたい2〜3週間でできることが多いと思います。

ただし、製造元の状況によっては数ヶ月かかってしまうケースも。
特に秋頃〜年度末にかけては、ランドセル製造の繁忙期なので、
職人さんの手が足りず修理まで時間がかかってしまうこともあるようです。

修理にかかる費用は?

ランドセルの修理は、保証期限内であれば基本的に無料でやってもらえます。
逆に、保証が切れている場合は自費での修理になってしまうので、
数千円〜数万円の修理代を請求されてしまうケースも。

ランドセルは、6年間修理保証のあるところで買うのが基本です。
購入前に、保証があるかどうかは必ず確認しておきましょう。

また、郵送にかかる送料や手数料については
こちらで負担するというシステムが主流です。

保証期間内であっても有料になるケース

  • 故意に破損した場合(子供のいたずら、乱暴な使用など)
  • 友達間のトラブルによるもの(ケンカやいじめなど)
  • 天災など不慮のケース

こういった場合は、6年間の保証期間内であっても
無料修理の適応外としているメーカーが多いようです。

代替ランドセルの貸し出しサービスをしてくれるお店も

ランドセルを修理に出している期間に、
代替ランドセルを貸し出してくれるブランドも増えています。

替えのカバンを探したりしなくて済むので、非常に便利なサービスですね。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る