ランドセルの部位の名称とパーツの呼び方

ランドセルは何枚もの革や金具を組み合わせて、とても複雑に作られています。

パーツや部分の呼び方をちょっと覚えておくと、
ランドセル選びのときや、修理に出す際など
店員さんにわかりやすく説明できて便利ですね。

部分ごとの名称、役割などを解説していきます。

ランドセル正面のパーツ

ランドセルを背負ったときに、後ろから見える側が正面です。

見栄えやデザインに大きく影響するので、
ランドセルの顔とも言うべき部分です。

カブセ

ランドセルのふたに相当する部分をカブセと呼びます。
ランドセルのデザインはカブセで決まる、というくらい目立つパーツ。
上質で柔らかい革や、丈夫な合成皮革を使って作られます。

錠前

カブセをランドセル底面にしっかりロックするための、カギ部分です。
1日に何度も開け閉めするので、耐久性が必要なパーツです。

ベロ

錠前とカブセを繋ぐ、V字型になった革部分です。
ランドセルの中味が増えてくると、引っ張られる力がかかるので
錠前と同じように頑丈さと柔軟性が求められます。

ランドセル背面のパーツ

ランドセルを背負ったときに、子供の背中に接する部分です。

背負いやすさに関わる部分なので、
各メーカーとも、このパーツにいろいろな工夫をこらしています。

肩ベルト

文字通り、ランドセルを両肩に背負うためのベルト部分です。
肩ベルトの形状や長さが子供に合わないと、
非常に背負いにくく、重く感じる原因になってしまいます。
肩のラインに合わせてなだらかにカーブしているものがおすすめです。

背カン

肩ベルトとランドセル本体を繋ぐ、金属製の輪っかの部分です。
高学年になったときにベルトがきつく感じないように、
背カンが左右にスライドするタイプのものも多いですね。

背あて

ランドセルと子供の背中が接する部分。
子供への負担がかからないように、柔らかいクッション素材が使われます。
外側からは見えない部分ですが、ハートや花柄のモチーフなどを入れて
デザインを工夫しているランドセルも多くなってきました。

ランドセル内面のパーツ

ランドセルのカブセを開いた状態の、内側の構造です。
教材の出し入れや収納力など、使いやすさに直結する部分なので、
ランドセルを選ぶときは、内面のデザインにも注目してみましょう。

カブセ裏

カブセの裏側の部分はクリアファイル状になって、
時間割などを収納できるタイプが一般的です。
ゴミや汚れが特に溜まりやすい部分なので、掃除しやすい形状のものを。

ポケット類

小物や筆入れなどを収納するための、ポケット部分です。
カギを落とさないようにキーホルダーが付いていたり、
アクセサリーやチャーム類を吊すためのハトメなど、
メーカーによっていろんな工夫があります。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る