ランドセルカバーのお手入れ方法について

ランドセルのキズや汚れを予防するために使うアイテムが、ランドセルカバーです。

カバーをつけていればランドセルが守られるから大丈夫だと思われがちですが、
実はランドセルと同様に、ランドセルカバーも定期的にお手入れする必要があります。

ランドセルのお手入のついでに、ランドセルカバーも一緒にお手入れしましょう。

ランドセルカバーのつけっぱなしは良くない?

ランドセルを保護するためのランドセルカバーですが、
キズや汚れを防ぐためだからとつけっぱなしにしていませんか?

特にビニール製のカバーは、長時間密着させると張り付いてしまうことも考えられます。
張り付いたビニールをはがすと、ランドセルの素材がはがれてしまう可能性もあります。

ですから、ほかの素材のカバーよりもお手入れが楽な反面、
つけっぱなしにすることによって逆にダメージを与えてしまうことも少なくありません。

そのため、特に注意が必要なビニール製のランドセルカバーは、
定期的に取り外すことが推奨されています。

さらにはストーブなど高温になる場所に置くと変形することがあるので、
注意が必要です。

日の当たる場所も避けたほうが良いでしょう。
そのほかの素材の場合も、定期的に取り外してお手入れすることをおすすめします。

ランドセルカバーのお手入れ法

ランドセルカバーもランドセルと同様に定期的なメンテナンスが必要ですが、
素材によってお手入れ方法が異なります。

ビニール製

ビニール素材のカバーはゴシゴシと洗うことはできないので水拭きするか、
水拭きで汚れが取れない場合は中性洗剤を使って汚れを取り除いたあと、水拭きして乾かします。

乾かす前に乾いた布で乾拭きするとなお良いでしょう。

ナイロンや布製

ビニール製じゃなければ手洗いすることも可能ですが、
製品の洗濯表示をよく見てから行いましょう。

ナイロン製の場合は特に、もみ洗いするとシワがつきやすいので押し洗いします。

布製の場合も極力押し洗いがおすすめです。
洗ってよく乾かしたあとは、防水スプレーをかけておきましょう。

ほかにも、ランドセルカバーの中には洗濯機で丸洗いできるタイプのものもあります。

お手入れは簡単であるに越したことはないので、
洗濯機で洗えるものならばとても手軽にお手入れができますね。

毎日ランドセルを使っていると、当然ながらカバーも汚れてきます。

目には見えなくても、いざお手入れしてみると汚れていることがよくわかります。
ランドセルだけじゃなく、ランドセルカバーも定期的にお手入れするように心がけましょう。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る