小学校の学費って平均いくらかかるものなの?

一般的に公立の小学校は学費が比較的安いですが、
お金がまったくかからないわけではありません。

公立の学費は私立よりは断然安いですが、
最低限かかる費用は平均してどのくらいなのでしょうか?詳しく知っておけば安心です。

公立でもこれだけかかる!小学校の学費平均

小学校入学から中学校卒業までの義務教育期間は、
公立の学校であれば授業料はまずかかりません。

それだけでも負担は軽くはなりますが、授業料以外の部分で様々な費用がかかってきます。

給食費

給食費はお住いの地域によっても大きく異なります。

だいたい平均して4,000円前後、年間で50,000円くらいの小学校が多いようですが、
中には給食費が無料という自治体もあります。

教材費

学校で使用するワークなどの副教材や、図工の材料など学習に必要な教材に使われます。

これも学校によって異なりますが、平均して20,000円くらいとされています。
ちなみに、教科書は無償配布となっています。

PTA会費や学級費

PTA会費は月数百円という学校が多く、年間に換算しても10,000円は超えない事がほとんどです。
学級費に関しては、教材費と同様な意味合いで扱われている場合もあります。

校外学習費

遠足や修学旅行など学校外での学習時にかかる費用は、
年間で7,000円弱くらいが平均ですが、その都度徴収する学校もあれば、
あらかじめ積立金として毎月積み立てる場合もあります。

5・6年生になると宿泊学習や修学旅行があるためそのぶん多くかかります。

小学校の学費は給食費など様々な費用を合わせると、
だいたい月7,000円前後かかると考えておきましょう。

年間でも10万円弱はかかると頭の片隅に入れておけば安心です。

学費以外でもお金がかかる

小学校へ支払う学費以外でも習字セットや裁縫セットなど、
学年によっては新たに買いそろえなければならないものもあります。

新入学ならランドセルや学用品一式が必要になるなど、
学費以外でもそのほかの部分で費用がかかってきます。

小学校に入ると習い事を始める子供も少なくないので、
習い事の費用もそこにプラスされます。

そのため授業料こそ無料ではあるものの、
たとえ公立の小学校でもある程度の負担は否めません。

公立の小学校であれば幼稚園や中学校、高校よりは負担が少なくなります。

一番負担が少ない時期であるということは確かなので、
子供が小学生のうちが一番家計にゆとりがある期間かもしれません。

ただ負担がまったくないというわけではないので、計画的に家計をやりくりしていきましょう。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら

その他のページ

6年間使える学習机の選び方
子どもの通学・下校中の防犯、安全対策
小学校入学までに準備して(教えて)おきたいこと
小学校入学までにそろえておきたい物
小学校入学前の学校説明会は必ず参加しないといけないの?
入学前の就学時健康診断で何か問題があったときは?
小学校入学時に必要な物をそろえるのにかかる費用はいくら?
生活保護の家庭に対する教育扶助費っていくら支給されるの?
子供の防犯対策としての「みまもりケータイ」の料金は?
小学校の入学準備に必要なネームシールの作り方は?
小学校の入学式の服装で母親が失敗しないためには?
入学式での子供の服装や髪型は何がおすすめなの?
小学校の入学式に持って行くと便利な物は?
食べ物の好き嫌いが多い子を治すにはどうすればいい?
鉛筆や箸を正しく持てるようにする矯正方法は?
小学校に行きたがらない子供に何て言えばいいの?
小学校のPTAに入らない(脱会する)メリットとデメリット
小学校の英語必須はいつから?英会話に通わせた方がいいの?
学童保育に入れる条件と公立と私立の費用などの違い
小学校の連絡帳の書き方はどうやって書けば失礼がない?
ランドセルの収納スペース(フックやラック)を作ろう
ページの先頭へ戻る