小学校の英語必須はいつから?英会話に通わせた方がいいの?

文部科学省から、新しい指導要領が発表されて、改定案で大きく注目を集めた変更が小学生に関わる部分で2点あります。ひとつは、コンピュータープログラミング教育を小学生で「必修化」すること。もうひとつは、2020年から、現状は高学年の「必修化」であった英語が「教科」になり、3年生からも英語を「必修化」として勉強するようになることです。

この時に、小学校に子供が通っているパパやママは、授業時間が増え、新しい内容も加わることで、自分の子供が授業にちゃんとついていけるかどうか不安に感じているのではないでしょうか。

3年生から英語のクラスが始まるので、英語教室に参加したほうがいいのではと考えているママもいるでしょう。改定された指導要領の内容と英会話教室の授業内容や月謝の相場をお伝えします。

小学校での英語の必須化について

英語の授業が3年生から必須化され、高学年では教科になると言われていますが、この必須と教科の違いはどういうことなのでしょうか。必須化から教科に変わることで、考えられる予測を紹介します。

必須と教科の違い

小学校で英語の授業が始まったのは、2008年度からです。小学5年生から必須科目になり、英語に親しむことを目標に始まりました。2020年からは高学年の英語は教科になります。教科と必須には明らかな違いがあり、今まで「外国語活動」として楽しんでいた英語の授業が、本格的な勉強にシフトします。

必須の授業なら、受け持つ先生が授業内容や教材を決めることができ、特定の教科書もないために、通知表に点がつくことはありません。それが教科になると、国語や算数と同じように、決まった教科書が使われ、今までのような「楽しく学ぶ」と言うよりは、「成績がつく」ことを意識するようになります。

小学校の授業で教科として英語を学ぶことが当たり前になってくると、近い将来考えられることは、中学入試で英語が導入されることです。学習塾でも、高学年になる前から英語のクラスが増えだし、英語を学科として勉強する年齢が下がることが予測されます。

英語の授業を増やす理由

今まで、「アクティブ・ラーニング」を呼ばれてきた指導要領の基本理念を「主体的・対話的で深い学び」とすることに改め、全教科において、この視点で授業をすることを目標としました。

今回の改訂が実施されると、小学6年間で授業時間は140時間増えることになります。今までは「話す」ことと「聞く」ことが中心だったものが、高学年になると、「読む」と「書く」が加わります。

2020年に東京オリンピックが開催されるために、今まで以上に多くの外国人が日本を訪れることが待されています。小学生のうちから英語に触れる機会を増やしていくことで、中学生高校生になるころにはよりハイレベルの英語を活用できることを目標に指導要領が改訂されました。

英語を使って外国人とコミュニケーションをとれることが、今回の小学校から始まる英語学科改定の着地点になります。グローバル化が進む流れに対応するためには、コンピュータープログラミングの授業を新たに加えて、子供達の英語力をつけることが、文部科学省は重要と捉えています。

将来的には小学3年生で必須化

全国の小学校で英語の授業が実際に必須化されるのは、2020年からになりますが、来年度の2018年からは、各学校の判断に任せて、小学3年生からの英語の授業を移行期間として始めることができます。

小学校3、4年生の英語の授業は「外国語活動」として週に1度、時間割に組み込まれ、歌やゲームを中心にして、楽しみながら英語に触れていく内容になるようです。高学年のように教科ではありませんので、指定の教科書はなく、成績もつきません。活動内容は学校や先生に一任されるために、学校や地域によって、バラつきは生まれます。

小学5、6年生は今まで週1回の外国語活動が2回に増え、どの地域に住んでいても同じような授業で勉強をします。中学生は、授業時間こそは増えませんが、今まで1200語前後の単語を覚えていたのが、1600〜1800語に増え、原則英語で授業が行われるようです。高校生になるとコミュニケーションが英語でできるように、会話に重点をおいて、レベルの高い英語力を目指します。

実施時期は小学校は2020年ですが、中学は2021年、高校は2022年以降の予定です。

英会話教室に通った方がいいのか?

今までの文法や読解力を重視した英語の授業ではなく、小学3年生から英語に親しむことで、中学や高校を卒業する時には、外国人と会話ができるような英語力を目標にしています。

小学校入学をして、国語や算数の基礎を学び始めて2年がたつと、今度は第2外国語の授業が始まることになり、事実上、今の5、6年生がならっていた内容の前倒しになります。

3年生になったばかりの子供に、英語の授業についていけるか不安になるパパやママもいるでしょう。そんな時に、頭に浮かぶのがコマーシャルなどでよく見かける英会話教室ではないでしょうか。英会話教室に通わせたほうがいいのか悩むところでもあります。

英会話教室の授業内容、月謝の相場、自宅での勉強方法をお伝えします。

英会話教室の内容

CMでおなじみの英会話教室から、地元に根ざして開いている小さな英会話教室まで、多種多様な選択肢があります。どの教室に参加する場合にも、子供のやる気が大切です。無理やり行かせても、なかなか身につかないだけではなく、英語自体が嫌いになってしまうケースもあります。

多くの教室が初回のお試しレッスンを提供しているはずです。まずは、どんな教室なのか一緒にのぞいてみて、授業内容を確認してみましょう。年齢が低くなるほど、楽しく学べる教室であることが大切なポイントになるので、子供が気に入って長く通えそうな教室の選択をおすすめします。

どの英会話教室も独自のカリキュラムや目標などを掲げて、英語力のアップに力を入れています。子供の実力や成長に合わせて細かくコースを分けているところ、国際人を目指せるように、未就学児からプレゼンテーションをするところ、「世界標準」の英語を長期的なプログラムで実践しているところなど、様々な教室があります。

会話力や表現力だけではなく、文化的な知識も学べる教室もあります。ネイティブの先生が教えてくれる教室もあれば、バイリンガルの日本人が先生のところもあり、回数や参加人数にも違いがありますので、選択肢は色々です。

月謝の相場

ほとんどの英会話教室では月謝以外に入会金がかかり、教室によっては登録料や教材費が別途かかることがあります。子供に習わせたい習い事ランキングでも、上位に上がることが多い英会話教室は、いつの時代にも人気が衰えません。人気があることに加えて、ネイティブやバイリンガルの先生の確保も必要なために、授業料は決して安くないのが現状です。

入会金の目安は、5,000〜10,000円、月謝もほぼ同じで 6,000〜10,000円が目安になっています。この月謝はグループレッスンの場合で、個人レッスンになると倍以上の予算が必要です。

英会話教室は必要?

子供が習いたいと思う英会話教室が通える範囲にあって、授業料も家計内で収まるのであれば、通わせてみてはいかがでしょう。学校に通っている間は、英語を勉強することは避けては通れません。それなら、こちらから英語に近づいて、好きになることで英語が得意になり、子供も学校での授業が楽しくなります。

外国語は自然と触れる機会が多いほうが、子供たちの身につき、どんどん上達していきます。また、自主的に勉強することが苦手な子や特にまだ学年の小さいうちには、すぐ側で教えてくれる人の存在は不可欠です。ひと言でもふた言でも話せるようになると、自信が生まれ、次を学ぶ力になっていきます。

自宅で行う簡単な英語勉強

英会話教室に子供を通わせたいと思っても、実現できる時ばかりではありません。両親が共働きをしていれば、教室の送り迎えをするどころか、教室探しをする時間も取れない場合もあるでしょう。そんな時でも、がっかりせずに、別の方法を探してみましょう。今は、自宅にいたって英語の勉強もできますし、英会話のレッスンも受けられます。

大きな本屋さんへ買い物に行かなくても、今はネットで申し込みをすれば、英語の絵本や教材もすぐに手に入れることができます。日本語ですでに何度も読んだことのある絵本なら、単語の意味が分からなくても、アルファベットさえ読めれば、内容はすぐにわかります。眠る前にパパやママが読んであげてもいいでしょうし、CDがついている本もあります。

DVDや音楽も英語を選んで、流すようにすれば、自然と英語に触れる機会が増えます。週末に家族でトランプやUNOで遊ぶ家庭なら、英語のカードゲームやボードゲームを使って遊びながら一緒に英語の勉強もできます。
もっと本格的に英語を勉強したい子には、ラジオ講座をおすすめします。テキストは有料ですが、授業は無料で受けられるので、初期投資も少なくてすみます。

英会話を実践してみたいと希望する子供なら、スカイプレッスンはどうでしょうか。その子のレベルにあった内容を1対1で教えてもらえるので、ヒヤリングや会話力の向上にはおすすめです。

まとめ

地域や家庭によって、英語を学べる機会に格差があったために、今回の指導要領の改訂は、底上げをしながら平等に英語を学べるようにする目的も含まれています。ただ、ゆとり教育終了後、6年間を通してみると授業時間が278時間増え、今回の改訂で、新たに140時間増える計算になります。

子供でなくても、興味のあること、新しいことを学ぶことは本来楽しいことです。そして、特に小さいころは色々なことに興味を持ち、頭も柔軟性があるので、たくさんのこと吸収する力をどの子供も持っています。そんな時期に英語を学ぶ機会があるのは、子供にとってもうれしいことでしょう。

ただ、授業時間が長く、宿題や塾に終われる中で、どれだけ子供たちが授業についていけるのか心配も残ります。どんなにすばらしいカリキュラムを用意しても、子供たちに気力や関心がなければ、学ぶことに意欲はわきません。子供たちが楽しみながら学ぶ環境を同時に作り上げることで、ヒアリング力やコミュニケーション力が上がっていくのではないでしょうか。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら

その他のページ

6年間使える学習机の選び方
子どもの通学・下校中の防犯、安全対策
小学校入学までに準備して(教えて)おきたいこと
小学校入学までにそろえておきたい物
小学校入学前の学校説明会は必ず参加しないといけないの?
入学前の就学時健康診断で何か問題があったときは?
小学校入学時に必要な物をそろえるのにかかる費用はいくら?
生活保護の家庭に対する教育扶助費っていくら支給されるの?
子供の防犯対策としての「みまもりケータイ」の料金は?
小学校の入学準備に必要なネームシールの作り方は?
小学校の学費って平均いくらかかるものなの?
小学校の入学式の服装で母親が失敗しないためには?
入学式での子供の服装や髪型は何がおすすめなの?
小学校の入学式に持って行くと便利な物は?
食べ物の好き嫌いが多い子を治すにはどうすればいい?
鉛筆や箸を正しく持てるようにする矯正方法は?
小学校に行きたがらない子供に何て言えばいいの?
小学校のPTAに入らない(脱会する)メリットとデメリット
学童保育に入れる条件と公立と私立の費用などの違い
小学校の連絡帳の書き方はどうやって書けば失礼がない?
ランドセルの収納スペース(フックやラック)を作ろう
ページの先頭へ戻る