オーダーメイドランドセルで人気のブランドはどこ? 

子供が新1年生になるパパやママは、小学校入学のためにできることから準備を始めているのではないでしょうか。ましてや入学のシンボルとも言えるランドセルとなれば、おじいちゃんやおばあちゃんも、かわいい孫に最高のランドセルを準備してあげたいという思いは強くなります。

ブランド物のランドセルや工房系のランドセルが人気を呼んでいますが、そんな中でも特に、子供の好みが随所に活かせる「オーダーメイドランドセル」を購入する家庭が増えています。最近は、ネットを使って簡単にランドセルのオーダーメイドを依頼することもできます。

人気のオーダーメイドランドセルを扱っている羅羅屋と三越伊勢丹の特徴や予算、納期の目安などをまとめてみましたので、参考にしてください。

オーダーメイドランドセルとは?

ランドセルのカラーバリエーションが増えたことから、ランドセルの色や素材、細かいパーツを自由に選んで「世界にひとつしかないランドセル」を作ることができます。オーダーメイドランドセルと言われていますが、実際にゼロからオーダーをするのではなく、用意されているオプションから選ぶセミオーダー式です。

オーダーメイドランドセルの特徴やインターネットでの申し込みの仕方を紹介します。

オーダーメイドの特徴

「ララちゃん」ランドセルで有名な、株式会社羅羅屋がオーダーメイドランドセルを始めたのは、2000年からのようです。そして、ランドセルの形や色、模様など12項目の中から、好みのものを選んでいくと、考えられるランドセルの種類は27億個もできあがることになります。文字通り世界に自分だけのランドセルを作ることは夢ではありません。

オーダーメイドできるパーツ

メーカーによって多少の違いがありますが、オーダーメイドでアレンジできるパーツは、使われる素材、ランドセルの形、かぶせ部分の色、ランドセルの中の生地、かぶせ鋲や刺繍のデザイン、ネームプレートの形と多岐に渡っています。

オーダーメイドランドセルの価格を大きく左右するのは、牛革、コードバン、クラリーノから、どの素材を選ぶかでしょう。また、細かいオプションの中には有料のものもありますので、オーダーメイドランドセルの価格は全てのパーツを選んでから確定する場合がほとんどです。

注意点

子供が小学校6年間で使うランドセルを購入するためのラン活が、全国規模で年々早まり活気を増しています。そのため、人気のあるランドセルは発売が開始されると瞬く間に売切れてしまうほどです。

オーダーメイドランドセルは、数量や受け付け期間を限定しているメーカーがほとんどです。どこのオーダーメイドランドセルを購入するか決まっている場合には、売切れてしまう前に、早めに申し込みをすることをおすすめします。

インターネットでもオーダーできる

オーダーメイドでランドセルを仕立てる場合には、お店に行って寸法やデザインを決めなくてはならないと、感じる人もいるでしょう。オーダーメイドと言ってもランドセルの場合には、セミオーダーになり、採寸はしませんので、わざわざ足を運ぶ必要はありません。

お店に行く必要はありません。

直接店舗に行って、オーダーすることもできますが、お気に入りのお店が近所にない場合やランドセルを見に行く時間が取れない時には、インターネットを活用すれば、お店に行かなくても、オーダーメイドランドセルが簡単に注文できます。

とても便利なネットでの申し込みですが、実際に背負うことはできません。子供が背負ってみてから、購入を決めたい場合には、近くの店舗や展示会に行って、ランドセルを手に取ってみましょう。

確定する前にシュミレーションで確認

全てのオプションを子供の好みによって、自由に選べるのが、オーダーメイドランドセルの特徴ですが、ランドセルは一度きりだけ使うものではありません。6年間使うことを頭において色使いや細かいパーツを決めていきましょう。また、細部だけに目を向けてしまうと全体で見た時に、アンバランスな仕上がりになる場合もありますので、シュミレーションを活用して、最終確認をしてから申し込みをしましょう。

人気のオーダーメイドランドセル

洋服やスーツをオーダーメイドする場合には、自分のサイズにぴったり合うものを仕立ててもらえますが、その代わりに値段はぐんと上がります。ランドセルのオーダーメイドも、同じようにかなり高価なものになるのではと感じる人も多いのではないでしょうか。

確かに、オーダーメイドランドセルはいくつもあるオプションの中から自由に選んで、希望の形に作ってもらいますので、規制品のランドセルを作るよりもはるかに手間がかかります。それでも、ランドセルに関しては、市販のスーツとオーダーメイドのスーツに見られるような価格の開きはありません。メーカーによっては早割などのサービスもしていますので、上手に利用すれば、市販のランドセルとあまり変わらずに購入することができます。

オーダーメイドランドセルを取り扱っているお店の中でも人気の高い、ふわりぃと三越伊勢丹で購入をする時の予算、納期、作成の流れを紹介します。

ふわりぃのオーダーメイドランドセル

羅羅屋では、子供にとって使いやすいランドセル作りをすることを大切にしながら1点1点丁寧に作ってます。安全と安心、そして便利さがふわりぃのランドセル全てに備わっています。

ふわりぃのオーダーメイドランドセルは、フルオーダーとイージーオーダーの2種類から選べます。

予算

どちらのオーダーランドセルを選ぶかで、値段が変わってきます。イージーオーダーなら、どのパーツを選んでも値段は変わらず、51,840円です。フルオーダーを選ぶと、イージーオーダーでは、選べない部分もオーダーできるために、価格は1万円ほど高くなります。また、フルオーダーは、ランドセル本体の素材まで選べるので、どの素材にするかで価格も変わってきます。ふわりぃのフルオーダーメイドランドセルは、63,720円から選ぶ素材やオプションによって価格が上がります。

納期

どちらのオーダーメイドランドセルを申し込んでも、ランドセルができあがるまでの日数に違いはありません。注文した月の月末からだいたい70日後に、ランドセルが発送されます。9月20日に申し込みをすると、9月30日にその月のオーダーが締め切られ、ここから数えて、70日かかりますので、12月10日以降の受け取りになります。

また、2018年度用のランドセルの締め切りは1月3日です。お正月中なので、ついうっかりしてしまうこともあるでしょう。ふわりぃのオーダーメイドランドセルを購入する場合には、年内に申し込みを終わらせるようにしましょう。

作成の流れ

ふわりぃのランドセルは、約250もの工程を経て、ランドセルとしてできあがります。様々な機械や、イタリアから輸入されたミシンをなどを使って、ふわりぃ独自の使いやすさと機能面の高いランドセルが作られます。

オーダーメイドランドセル作りは、選んだ色の生地を裁断することから始まります。様々なパーツを、専門の機械を使って、カットしてから、ファスナーや中マチなどを手縫いで丁寧に仕上げています。大マチ部分はコンピューターミシン、カブセと背中は強度の強い糸を使って2重ミシンを使います。

ふわりぃのランドセル作りには、何種類もの機械が使われていますが、どの工程にも、ランドセルを使う子供のことを考えながら、丁寧に機械を扱う職人さんがいます。仕上げや検品にも、妥協をしないで、しっかりと最後まで確認をしてから、オーダーメイドランドセルは発送されます。

三越伊勢丹のオーダーメイドランドセル

三越伊勢丹のオーダーメイドランドセルは「パターンメイド」ランドセルと呼ばれ素材やカラー、ファスナーなどの細かいパーツだけではなく、ランドセルの形をベーシック型とキューブ型から選べるのは、三越伊勢丹プランドならではのこだわりです。

予算

パターンメイドランドセルの素材は牛革とクラリーノの2種類があり、素材とランドセルの型によって、値段が変わります。牛革でベーシックなら65,850円、キューブ型なら71,280円。クラリーノならベーシックが57,240円、キューブ型が62,640円になります。

納期

三越伊勢丹のパターンメイドランドセルは、5月17日から受付が始まり、10月16日午前10時で締め切られます。申し込み順にランドセルが作られていくのではなく、締め切り後に一括で生産が始まり、お届けは、2018年3月末の予定です。

作成の流れ

ランドセルの形まで選べる、三越伊勢丹のパターンメイドランドセルは最終的には380万以上もある、ランドセルの種類が生み出されます。細かいパーツまでオーダーできるパターンメイドランドセルのほとんどの工程は手作業で行われ、機械を使う時にも、頼りになるのは熟練職人さんの目と手の感触です。

また、キューブ型のランドセルの製法は特別な技術が要求されるために、パターンメイドランドセルを作っている工場内にも、4〜5人しか扱える人がいないほどです。

オーダーメイドランドセルの保証や修理は?

ランドセルを購入する時の決め手になるは、デザインや価格、強度や背負いやすさといくつかありますが、どんな保証がついているのかも大切なポイントになります。オーダーメイドランドセルにはどんな保証があるのか紹介します。

ふわりぃでは、ランドセルが壊れてしまった時には、無料で修理をしてもらえる上に、修理期間中は、ランドセルの貸し出しも無料でしています。故意に壊してしまったものや落書きの修繕は保証の対象にはなりませんが、通常使用で壊れてしまった時には、きちんと対応してもらえます。

ランドセルは6年間使うことを前提にして作られ、購入する人も1年生から6年生まで使うためにランドセルを選びます。最近のランドセルは、毎年改良が進み、強度面もよりいっそうの改善がされていますので、男の子が6年使っても、一度も修理に出さずに卒業を迎えることもよくあるようです。

それでも、6年間の保証がついているランドセルは、メーカー自身がランドセルの品質を保証することにもつながります。オーダーメイドランドセルを選ぶ時にも、同じように6年間の保証がついているかを確認しましょう。三越伊勢丹のランドセルにも、ふわりぃのランドセルにも、6年間の安心保証がついています。

自由にカスタマイズできるオーダーメイドランドセルは、子供達の希望をしっかり取り入れながら作るので、ランドセルに対する思い入れが深くなります。ふわりぃや三越伊勢丹でオーダーメイドランドセルは人気が高いので、購入希望の人は、早めに店舗や公式サイトを訪れて、申し込みを始めましょう。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る