孫へランドセルをプレゼントする時は親や子どもの好みが重要

小学校入学祝いの定番でもあるランドセル。
プレゼントとして贈る場合には、相手の好みや希望をしっかり確認するようにしましょう。

子供や親の好みに合わないものを贈ってしまったり、
体格に合わないランドセルになってしまうと、
せっかくのプレゼントが、迷惑な贈り物になりかねません。

「いきなり渡してびっくりさせてあげよう」というサプライズは、
ランドセルに関してはNGなのです。

子供にぴったり合ったランドセルを探すのは、なかなか大変なもの。
「どうせそのうち成長するから」と軽く考えないで、
相手に合わせてあげるちょっとした気遣いが大切です。

希望の製品を聞いておくのがベスト

ランドセルを入学祝いとして贈る場合は、
祖父母や親戚など、比較的親密な関係の相手のことが多いと思います。

どんなタイプが好みなのか、気軽に聞けるはずですからから、
購入前にしっかりと、子供と両親の希望をチェックしておくようにしましょう。

できれば「このブランドのこの製品」とまで、
はっきり相手方に決めてもらうのが無難です。

簡単に好みを確認できないような、ちょっと遠い関係の相手なら、
ランドセルの贈り物は諦めて、他のお祝いや現金であげるのがいいと思います。

入学祝いのランドセルは早めに

人気ブランドのランドセルは、
数ヶ月前から予約しないと手に入らないものも多いです。

年末あたりになってランドセルの希望を聞いても、
すでに注文受付終了になっていることが多いので注意しましょう。

また、相手のご両親がランドセルにこだわりがあるばあい、
夏頃までには予約受付を済ませてしまっているパターンも少なくありません。

どうしても入学祝いにランドセルをあげたい、という場合は
前年度5〜6月のうちに、相手方へ話をしておくのがいいようです。

もらう場合も、希望を伝えておくのがベスト

ランドセルをあげる側ではなく、自分がもらう立場のときも
同じようにちょっと注意が必要です。

お祝いをくれる相手がお祖父さんお祖母さんなど、
ランドセルの流行やバリエーションに詳しくない相手の場合、
「どれでも一緒」と考えて、売り場で目に付いたものを買ってしまう方もいます。

返品するのも角が立ちますし、そのまま使うのもちょっと……、となると
どうしていいか困ってしまいますね。

  • 子供が入学を控えていて、
  • 身近に入学祝いをいただけそうな相手がいる場合、

ランドセルは自分たちで買います、という旨を早めに伝えておく方が無難です。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る