金属アレルギーの子供はチタンのランドセルから選ぼう

食物アレルギーやハウスダストアレルギーなど、
大人と同様に子供のアレルギーにも様々なものがあります。

中でも少なくないのが金属アレルギーで、
金属アレルギーの子供が使うランドセルを購入するときは、
使われている金属素材の種類にも注意しなければなりません。

金属アレルギーの症状

金属アレルギーは、主に金属が直接お肌に触れることによって起こります。

特に汗や血液などの体液に触れると、金属が溶けることでイオン化し、
タンパク質と結合することでアレルギー反応を引き起こします。

このように金属がお肌に触れると、
発疹・水泡などのかぶれやかゆみが生じるのを「金属接触アレルギー」と言いますが、
銀歯などの歯科金属などから体内へ金属が吸収されることで、引き起こされる「全身型金属アレルギー」もあります。

全身型金属アレルギーは金属接触アレルギーと違って、
体内へ吸収されることで汗とともにアレルギーの原因が排出され、むくみが起こります。

ランドセルを選ぶときに気を付けたいのは、
金属がお肌に触れることで起こる金属接触アレルギーの方で、
アレルギーの程度によってはちょっと触れるだけで、
アナフィラキシーショックを起こしてしまうことがあります。

これからランドセルを購入する場合、子供の金属アレルギーが心配なら、
あらかじめ皮膚科などでアレルギー検査をすることをおすすめします。

どんなランドセルを選ぶと良い?

金属アレルギーの子供にはどんなランドセルを選んであげると良いのでしょうか?
ランドセルを選ぶ際の注意点をまとめてみました。

使われている金属素材を必ず確かめる

アレルギー症状が起こりやすい金属は、
一般的な金属金具やパーツなどで使われているニッケルのほか、
水銀やクロム、コバルトなどがあります。

ニッケルはとても身近な金属で様々なものに使われているため、
ほかの金属と比べてもアレルギー症状が起こりやすいとされています。

金属アレルギーでも安全とされているのは、金属の中でも高価な金やプラチナ・チタンで、
中でもランドセルの金具としてはチタンが使われているものがアレルギー対策におすすめです。

金属部分に触れない工夫があるものを選ぶ

ランドセルで金属がお肌に一番触れやすいのは背中の部分です。

ランドセルには様々な種類がありますが、
女の子の長い髪の毛が挟まらないよう背中の金属部分にカバーがあるランドセルもあります。

本来は金属アレルギーの症状を防ぐものではありませんから一概には言えませんが、
アレルギー対策として選ぶのも良いかもしれません。

金属アレルギーと言っても、
どの金属がアレルギー症状を引き起こすのかというのは検査をしてみないとわかりません。

金属アレルギーがある、または疑いがある場合、
ランドセルはチタン金具を使っているものを使いましょう。

ただし、チタンでアレルギーを引き起こす人もいるので、
金属アレルギーの疑いがある場合や心配な場合、一度検査しておくと安心です。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る