牛革(本革)ランドセルの特徴・注意点

牛革を使用したランドセルは、
高級ランドセルの定番として根強い人気を誇っています。

クラリーノ(合成皮革)にはない独特の美しい質感、
使い込むほどに味が出る特徴も合わさって、
長年使い続けるランドセル向きの素材と言えるでしょう。

本革製品なので、お手入れにもよく注意したいところ。
毎日欠かさずお手入れするような必要まではありませんが、
時々しっかりケアしてあげることが、6年間キレイに使い続ける秘訣です。

牛革(本革)ランドセルの特徴

ランドセルで本革と言えば、ほとんどの場合牛革のことを指します。

一部の素材に豚革を使用しているものもありますが、
豚革は牛革より柔らかく薄い素材なので、
ランドセル全体の生地として使うことはほとんどありません。

革の美しい質感がある

なめらかな革の輝きは、本革特有のもの。
高級感と重厚な品格が、お子さんの小学校生活を豊かに彩ってくれます。

種類が豊富

一言で牛革と言っても、牛の品種や革を取る部位、
なめし方や処理方法などによって特徴も品質もさまざまです。

ランドセルの場合も、使用している革の種類によっては
かなりお手ごろな価格から購入できます。

「本当なら本革がいいけど、高いしなぁ……」と敬遠していた人も、
一度、ランドセルメーカーのラインナップをチェックしてみてください。
クラリーノ製とほとんど変わらない価格のものも増えてきていますよ。

水濡れ、薬品汚れに弱い

天然皮革はどうしても、水に濡れてシワになってしまったり、
化学物質と反応して変質してしまう特徴があります。

撥水加工などである程度はフォローできますが、
やはり基本は濡らしたり汚したりしないよう、気をつけてあげるのが一番。
雨の日はしっかりレインカバーで覆うようにしましょう。

牛革(本革)ランドセルのお手入れ方法

本革製品の「持ち」は、お手入れによる部分が大きいものです。

6年生になった時に、牛革本来の輝きに仕上がっているか、
それともヘタってシワシワになってしまっているかは
お手入れ次第と言っても過言ではありません。

といっても、ランドセルにはもともと丈夫な革を選んで使っていますから、
お手入れに神経質になりすぎる必要はありません。

ポイントは、

  • 水に濡れたらしっかり乾拭きして、自然乾燥させる
  • (温風や日なたは厳禁)
  • 汚れが付いたらできるだけ早く、皮革用クリーナーで拭き取る
  • 時々は保革油を軽く塗り込んでケアしておく

保革油には革を柔らかくする効果がありますが、
ランドセルはあまり柔らかすぎても使いにくいものです。
保革油は少量に抑えておきましょう。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る