ランドセルの捨て方は?燃えるゴミと燃えないゴミどっち?

ランドセルを買ったばかりの1年生のころは、大きなランドセルを背負って行く後姿を毎日、微笑ましく見送っていたのではないでしょうか。6年といえば長いように感じてしまいますが、確実に時間は流れていきます。気がつけば大きかったランドセルが小さくなり、いつの間にか子供は中学生になっていきます。

思い出がたくさん詰まったランドセルですが、中学生になってからもいつまでもとっておくわけにはいきません。ランドセルの処分の仕方についてまとめてみましたので、参考にしてください。

ランドセルの捨て方について

使わなくなったランドセルは、意外と場所を取るうえに、きちんと収納しておかないと埃をかぶったりして、汚れていきます。卒業したばかりなら、6年間使ったランドセルをしばらくは側におきたいと思う子もいるでしょう。処分を考えるのは、子供の気持ちが新しい中学生活に慣れてからでも、遅くはありません。

燃えるゴミと燃えないゴミどっち?

ランドセルを処分するには、他のゴミと一緒に出すのが一番簡単です。ランドセルをゴミに出すと聞くと抵抗のある人もいるでしょうが、ずっととっておく以外は、思い切って処分するのもひとつの方法です。

どのゴミに出せばいいのか迷う人もいるでしょう。かばん類は可燃ごみに分類されるので、燃えるゴミとして集積所に出します。ただ、天然素材は、燃えるゴミに出して問題ないのですが、クラリーノの場合には、環境ホルモンなどの有害物質が発生することもあるので、自治体に確認してみることをおすすめします。

分類を細かくしている自治体なら、金属の部分などは外してから出すことが求められます。ゴミ出しのルールは地域によって異なるので、市役所に問い合わせをすると、きちんと教えてもらえます。

捨てる以外の処分方法もある

思い出の詰まったランドセルをゴミとして出して欲しくないと、感じる子供もいるでしょう。そんな時には、ランドセルを有効活用する別の選択肢を考えてみましょう。

譲る

大切に使ったランドセルならば、6年たってもまだまだカバンとして充分に使える場合もあります。兄弟や親戚、近所の人で中古のランドセルを探している人に声をかけてみるのもいいでしょう。自治体や地元新聞の「譲ります」コーナーに掲載してみると意外と引き取り手が見つかることもあります。

ランドセルの状態がかなりきれいな場合には、オークションやフリーマーケットで、販売することもできるでしょう。希望価格は子供と一緒に決めればいいと思いますが、6年間一緒にすごしたランドセルを次に使ってくれる人を直接、見つけられたら、かなりラッキーではないでしょうか。

寄付する

使わなくなったランドセルを集めて、海外支援として海外に送っている団体がいくつかあります。内容や注意事項は各団体によって少しずつ変わってきますので、公式サイトを参考にして、わからないことがある時には、メールなどで確認をしましょう。

アフガニスタンやシリアに向けて、中古のランドセルを送っている活動が目立ちます。日本から届いたランドセルは現地の子供達の手元に贈られ、学校へ通う時や自分のマイバックとして、喜ばれているようです。

寄付するランドセルの基準ですが、向こうで子供達が使うことを前提に送りますので、やはり、あまりにも傷みが激しいものは避けたほうがいいのではないでしょうか。ただ、ボランティア団体によっては、ほころびなどを修繕してから、発送するところもありますので、ランドセルの状態を見てボランティア団体を選ぶといいかもしれません。

多くの団体では、ランドセルを海外まで送るための費用を負担する約束になっていますので、2,000円位の費用がランドセルひとつにかかります。

リメイクする

 

ランドセルのリメイクと言えば、ミニチュアランドセルが定番ですが、実は、リメイクしてもらえる種類はとても豊富にあります。リメイク可能なアイテムとリメイク時の注意点をお伝えします。

どんなものにリメイクできる?

ランドセルのリメイクの定番と言えば、ミニチュアサイズのランドセルでしょう。これなら場所も取らないので、いつでも側においておくことができます。ミニランドセル以外にも様々なアイテムに、ランドセルをリメイクすることができます。

スマホケース、ブックカバー、トートバック、お財布、写真立に、ベルトなどなど、他にもリメイクできるものはたくさんあります。小学校生活を共にすごしたランドセルをリメイクすれば、手元に置けるだけではなく、また使えるアイテムにリメイクできることはランドセルが生まれ変わったと言えるでしょう。

リメイクしたアイテムを6年前にランドセルを買ってくれた、おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントするケースもあるようです。

ランドセルをリメイクるするには、自分で作らない限り、リメイク料がかかりますが、同じようなものを買おうと思えば、やっぱりお店で代金を支払います。それなら、ランドセルをリメイクするほうが遥かに賢いかもしれません。

リメイク時の注意点

ランドセルをリメイクする時に気をつけたいことがあります。それは、ランドセルの傷み具合によって、リメイクすることが難しい場合があることです。ランドセルの状態がに不安があるときには、リメイクを請け負っている工房やお店に確認をしてみましょう。

ランドセルのリメイクは、皮を裁断して作りますので、一度始まってしまうと元に戻したり、別のアイテムに変えることはできませんので、よく考えてから依頼をしましょう。

6歳のころの子供が選んだランドセルを、中学生になるわが子に、6年間使ってきたランドセルをどうしたいのか聞いてみてはいかがでしょうか。その子その子の答えを尊重して、最後まで関わっていくことが、6年間共にすごしたランドセルへの感謝になります。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る