捨てられないランドセルはリメイクして思い出にしよう

小学校生活を共にした思い出のたくさん詰まったランドセルを、
捨ててしまうのはとてももったいないですが、
かといってそのまま保管しておくのも場所をとったりして難しいものです。

そんなときは、ランドセルをリメイクして思い出を残しておくという方法があります。

ランドセルは何にリメイクできる?

ランドセルのリメイクで、もっとも定番なのはミニランドセルですが、
最近はミニランドセルだけじゃなく、
お財布やバッグ・ペンケースなどさまざまなアイテムにリメイクすることができます。

リメイクは主にランドセルのフタ部分を使いますが、
フタの裏の状態が悪い場合はリメイクができない事もあります。

ただ、ランドセル本体でリメイクが不可能でも、
肩ベルトのバックルや金具を使用してリメイクをしてくれるところもあるので、
リメイクを考えている場合はお店に相談してみると良いでしょう。

ミニランドセルや小物にリメイクするほかにも、
ランドセルをそのままの形でアルバムにしてくれるというお店もあります。

形をあまり変えずに思い出として残しておけるほか、
思い出の写真をアルバムに入れることができるので、より一層思い出深いものになりますね。

リメイクする料金はどのくらい?

ランドセルをリメイクする料金は、
お店によって違うのはもちろん何にリメイクするかによっても大きく異なるほか、
デザインなどによっても違ってきます。

そこでリメイクを取り扱うお店と料金の一例をご紹介します。

SNAKER-HandiCraft- 革製品専門店

http://snaker-h.webnode.jp/
長財布や名刺入れ、キーケースなどの中から最大5点まで、
一律20,000円でリメイクしてくれます。

大きな小物は5点作れませんが、5点以下でも料金は変わりません。
自分の好みでいくつか小物をリメイクしてもらえるので、
自分用のほか家族や祖父母へのプレゼントとしても最適です。

現在は注文から制作まで約2年待ちという、
ランドセルのリメイクではとても人気のあるお店です。

CANAR'S Japan(カナーズ・ジャパン)

http://canars.jp/
メモラン(メモリアルランドセル)や革製品のお店です。

ランドセルをそのままの形でアルバムにした「そのまんまランドセル・アルバム」は税込み17,280円、
トートバッグは17,000円から、小銭入れは1,000円からなど、
加工するアイテムによって料金は大きく異なります。

既定のデザインだけじゃなくオリジナルデザインでもリメイクが可能です。

ランドセルを捨ててしまうのはちょっと・・・と思っているなら、
形を変えても思い出として長く持っていられるリメイクをしてみてはいかがでしょうか。
プレゼントとしてもきっと喜ばれます。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る