ランドセルはいつからあるの?起源と変遷の歴史

小学生が学校に行く時には、ランドセルを背負っていくのが当たり前になっていますが、いつのころからランドセルは使われだしたのでしょうか?ランドセルの起源とランドセルが歩んできた歴史を紹介します。

ランドセルの歴史

日ごろから見慣れているランドセルですが、身近にあるランドセルにも私達が知らない歴史があります。小学校に通うために欠かせないアイテムとなっているランドセルの誕生から現在に至るまでの歩みをまとめてみました。

江戸時代末期から現代までのランドセルの成長

ランドセルの原型となったカバンが日本で使われるようになったのは、徳川幕府が終わりに近づいてきた、江戸時代末期にまでさかのぼります。ランドセルは日本独自の文化から生まれたものではなく、当時日本と交流のあった、オランダの軍人が背負っていた背のう(リュック)が起源になります。

軍事用のカバンとして生まれる

徳川幕府の力が弱まりだすと、オランダの軍事方式も日本に影響を与えるようになってきます。オランダの軍人が、軍服姿で背負っていたのが、「ランセル」と言われる背のうで、このランセルがランドセルの語源になったと言われています。

ランセルが始めから子供用のランドセルとして使われたわけではありません。当初は日本軍人の中で広まり、同じように軍事用のかばんとして浸透していきました。布で作られた背のうの中には、食料や生活用品、弾薬などがしまわれていたようです。背のうの外側にはテントや飯ごうが下げられていました。

「学習院型ランドセル」が通学かばんの始まり

今のランドセルの原型が生まれたのは、明治10年に開校された学習院に由来します。開校当初、決められていたのは、制服だけで荷物を入れるカバンに指定はありませんでした。学習院に通う子供達の身体を鍛えるためと、学習の場では全員が平等であるべきとの考えから、明治18年に馬車での通学と使用人が荷物を持つことが禁じられました。

この時に軍人が使っていた背のうに白羽の矢が当たり、学習院で勉強道具入れとして使われるようになったのは、荷物が入り、両手があくことが、採用された理由のようです。使用されたばかりのころは布製のかばんでした。

明治20年になると、当時の皇太子でのちの大正天皇が、学習院に入学します。この時に総理大臣であった、伊藤博文が皮で作られた箱型のランドセルを献上し、今あるランドセルの原型が作られたと言われています。3年後の明治23年(1890年)には、通学に使うランドセルを黒皮にすることが決められました。

学習院以外に通う子供達の間でもランドセルが広まりだしますが、都市部に住む特定の子供達に限られ、大半の子供は風呂敷に必要なものを包んで学校に通っていました。

高度経済成長期から広く普及

戦後の復興からしばらくすると、日本の経済は実質成長率で10%の伸び率を示し、高度経済成長期に入ります。昭和30年代(1955年)から、人々の暮らしは大きく変わリ豊かになっていきます。昭和40年代には「1億総中流階級」と言われるほど、国全体に活気が満ち、国民も豊かさを実感していました。

ランドセルの普及も調度昭和30年代から始まります。天然皮革だけではなく、合成皮革のランドセルも作られるようになり、少しずつ背負いやすさも追求されるようになっていきます。経済的に余裕が生まれてきたことだけが、ランドセルが広まった原因ではありません。

このころから、学校での勉強内容が増え、学習に必要な道具も多種多様になりだします。家で勉強することも、宿題が出ることも当たり前になり、教材がたっぷり入るランドセルは瞬く間に広がっていきました。

2000年以降

1955年以降から、ランドセルは都市部だけではなく地方にまで広く浸透していきますが、デザインやカラーなどのバリエーションはほとんど変化しないままでした。定番のデザインに、赤と黒のランドセルが、しばらくの間定着します。

2001年にイオンが独自のブランドで24色のランドセルを発売したことが、今までの状況を大きく変えました。色とりどりのランドセルが登場して、それぞれのメーカーが独自の工夫を前面に打ち出していきます。

イオンの24色ランドセル、衝撃的なデビューでしたが、今では、40色ものカラーバリエーションのあるランドセルを扱っているメーカーもあります。デザインや刺繍糸、内側の生地やチャックの形など細かい部分まで自分の好みに合わせてアレンジできるのが最近のランドセルの特徴です。

見た目だけではなく、強度や背負いやすさ、安全面でも改良に改良が重ねられ、オランダの影響を受けて生まれたランドセルですが、今では日本の文化とまで言われるようになりました。ランドセルが通学用かばんとして使われるようになってから、約130年がたちます。この年月の中で、技術や伝統が生まれ、その伝統がしっかりと受け継がれた結果、今のランドセルを作り出しています。

近年になり、ランドセルの魅力は世界にまで広がりだしています。アメリカの有名な女優さんが、ランドセルを肩にかけた写真が多くの人を魅了しました。「大人ランドセル」と呼ばれるものも販売され、手に入れることが難しいほど、人気を呼んでいます。中には数十万円もするランドセルも出回っているようです。

実用面とデザインの魅力を兼ね備えたランドセルは、子供だけではなく、大人にとっても魅力的に写るのでしょう。日本文化がまた世界に向けて広まっています。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る