ランドセルの金具だけ壊れてしまった場合、修理はできる?

ランドセルのパーツの中でも、
金具部分は特に壊れることの多い部品です。

金具だけ壊れてしまった場合でも、製造元に送れば修理してくれますから
万が一、破損してしまった場合でも安心ですね。

ただし、修理費用が無料かどうかは、
購入時の保証によって変わってきます。

できるだけ、6年間保証付きのランドセルを選ぶようにしましょう。

金具部分は壊れやすい?

ランドセルには革素材だけではなく、
金属製のパーツもたくさん使われています。
壊れやすい部分をしっかり把握しておきましょう。

背カン

背ベルトとランドセル本体を繋ぐ、輪っかの部分です。
ランドセルの重さのほとんどを支えているパーツなので、
もっとも不具合が起こりやすい部分です。

  • 付け根から外れてしまう
  • 金具が曲がって可動しなくなる
  • ベルトの革部分が切れてしまう

などの症状が特に多いようです。
自分で修理するのは難しいので、製造元に送って直してもらいましょう。

錠前

背カンと並んで、もっとも故障の多い部品です。
錠前が壊れて開け閉めできなくなると非常に不便ですね。
製造元に送る時間がないときは、
とりあえず近所のカバン屋さんなどで応急処置してもらうのも手です。

美錠

ベルトの先端部分の金具のことです。
尾錠、バックルなどとも呼ばれます。

ランドセルのベルトは、
長さを調節したり外したりする機会はあまり多くありません。

なので、壊れることは少ないように思えますが、
ランドセルの重量が強くかかっている部分なので、
6年間のうちに曲がったり歪んだりしてしまうこともあります。

ナスカン

サイド部分に付いている、荷物を提げる用の金具です。
安全面に配慮して、わざと外れやすくなっている「安全ナスカン」もあります。
荷物が引っ掛かってナスカンごと外れた場合は、
ほとんどのメーカーで無料修理してくれるようです。

ファスナー

ポケットに付いているファスナー部分も、壊れやすいパーツです。
特に、女の子用のランドセルでは、
ラインストーンなどで装飾してあるものも多く、
その部分だけ取れてしまうこともあります。

ダルマ

ランドセルの底面とベルトを繋いでいる、丸い部品です。
頑丈に作られているので、あまり壊れることはありませんが、
ランドセルを地面に置いた時など、キズや凹みになることが多いようです。

あわせて読みたい記事

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る