ランドセルは日本だけなの?海外の小学生の通学用カバン事情

小学校の通学カバンにランドセルが義務付けられているわけではありません。それでも、ほとんどの子供達は入学時にランドセルを用意して、教科書や筆箱を入れて、学校に通います。ランドセルを背負っている小学生が、日本では見慣れた光景ですが、はたして海外ではどうなのでしょうか?

ほかの国の子供達の通学カバンの様子を紹介します。

各国の通学用カバンを比較

デザインや色の種類はあるものの特定の通学かばんを大半の小学生が使っている国は、日本くらいのようです。海外では、背負い式ではなく、小学生のころから手提げタイプのかばんが主流の国もあります。国によって使われる通学かばんの違いには、その国の学校の事情が関わっているようです。

カバンの形態別に、通学カバンの様子をまとめてみました。

背負い式

両手が開くので歩きやすく、荷物が重たい時でも自分で持てるのが、背負い式の特徴です。日本以外に背負い式のカバンで、通学している国を2ヶ国紹介します。

韓国

韓国ではいろいろな場面で、リュックサックを活用することが多く、小学校の通学カバンも子供達の大半がリュックを使っています。年度が切り替わるころになると、各メーカーが、その時の流行を取り入れながら新商品を発売しているようです。女の子にはやっぱりピンクや白、そして、シースルーのポケットの付いたリックが人気です。

日本と同じように少子化が進んでいる韓国の都市部では、子供の通学カバンに高価なものを購入する家庭も目立ちます。また、学校の後に塾に通う子供が増え教材が重たくなり、カート型のカバンの人気も上がっています。

イギリス

イギリスにも公立と私立の小学校があり、学校指定の通学カバンもありますが、日本のランドセルと比べるとかなり小さめのサイズのようです。それもそのはずで、学校に持っていく荷物が断然少ないからです。

毎日持っていくのはお弁当と飲み物、必要な時の体操着くらいです。教科書といえば、家には持ち帰らず学校に残すものであり、自分の持ち物でもなく、1年間貸してもらうシステムになっています。ノートや鉛筆も学校にあるものを使うので、筆箱の必要もありません。

手さげ式

日本では中学生や高校生になると手さげ式のカバンで通学しますが、国によっては小学生から、背負い式ではなく、手さげ式が主流のところがあります。

インド

インドでも、子供達が勉強に使う教材が年々重たくなり、子供達の健康を考えて、インドのある州では体重の10%までとする決まりを作ったほどです。家庭によって格差があるもものの、親や学校が子供達に対して、熱心に勉強をさせる傾向があります。インド式掛け算やインドの子供達が19x19まで暗記しているのは、多くの人が知っているところでしょう。

カバンは学校から支給されることが多いようで、手に提げるタイプのカバンに人気が集まるようですが、リュックタイプで通学している子もいるようです。

ブラジル

子供の数が多いためか、ブラジルでは小学校は2部制になっています。午前中に学校に行く子供達と午後から通う子供達です。ブラジルでも受験のために熱心に勉強をするようになり、よりよい学校に入るために、私立の小学校に通ったり、学校が終わったら勉強塾に行く子供も増えています。

プラジルでは公立でも私立でも学校名の入ったTシャツの指定があるだけで、後は自由のようです。入学前の時期になると、本屋さんや文房具屋さんで子供達の通学用カバンがいっせいに売り出されます。

持ち手の付いたリュックタイプや手で引けるようにタイヤがついているものもあります。ディズニーなどのキャラクターが描かれたカバンが人気のようで、早めに行かないと売切れてしまいます。日本のランドセルのように6年か使うことは珍しく、毎年買い替える家庭もあるようです。

背負い式に手さげが付いているタイプ

荷物の重さによって持ち方が変えられるのは、子供にとっても魅力的でしょう。ヨーロッパ諸国でよく使われています。

フランス

フランスの小中学生は「カータブル」と呼ばれる通学カバンを背負っていくのが一般的で、生地はナイロンなどの軽い素材が多く、どちらかというと横長になっています。肩ベルトのすぐ後ろに手さげ用の持ち手が付いているので、背負わずに手に持って行くこともでき、色やデザインなどは自由に子供が選びます。

学年が上がると学校に持っていく教材も増えるので、タイヤの付いたカータブルを使う子供もいるようですが、カータブルの中身の重さがちょっとした社会問題にもなっているようです。子供達の勉強道具の重さが平均すると8kg以上もあるようで、14kgもあるカバンをしょっている男の子がニュースで紹介されたこともあります。

実は子供達が背負うカータブルの重さは1960年代から問題となり、フランス政府は子供の体重の10%までを上限としているようですが、なかなか改善されず、親や医師から心配する声が上がっています。最近になり、中学校から、教科書のデジタル化が進んできているようで、フランスのランドセル事情も大きく変わるかもしれません。

ドイツ

ドイツにも、子供たちが使う通学かばんがありますが、ランドセルのように皮革製品ではなく、軽くて手入れのしやすいナイロンが主流です。日本のランドセルにキャラクターが使われることは、ほぼありませんが、ドイツの「ランシェル」と呼ばれる通学カバンには、サッカーボールや車のデザインなどが大きく描かれていて、デザインは多種多様です。

キャラクターもののカバンが主流ではあるのですが、機能や安全面を重要視した通学カバンもあります。蛍光材の割合や、撥水性や通気性、ストラップの数など細かい基準をクリアした「DIN58124」もあります。

ドイツのランドセルは日本のランドセルよりもひと周り以上大きく、直方体型リュックサックのイメージです。前と横には反射材が付いていて、お弁当専用のポケットが前面にあります。通学スタイルは徒歩やスクールバスだけではなく、自転車やキックボートに乗るなど、好きなように通えます。

ショルダー式

日本でも一時、中学生が布製の肩掛けタイプのカバンを使っていたころがあります。アニメの主人公を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

中国

中国では、布や皮革の「ツーパオ」と呼ばれる肩掛け式のカバンが主流でしたが、今ではキャラクターが前面に描かれたリュックタイプのカバンを使う小学生も増えてきています。

シンガポール

シンガポールの通学カバンも中国と同じようにツーパオと呼びますが、形は、ランドセルに似ているものを肩から提げています。最近ではリュックサックタイプを選んで学校に行く子供達も増えているようで、それぞれが自由に選択できます。

まとめ

国が違えば、子供の通学カバンも様々なのがわかり、ランドセルという通学かばんが、日本独自のものであることがよくわかります。海外から日本に来て、子供達が背負っているランドセルを魅力的に感じる外国人は少なくありません。日本のように高価なランドセルを子供のうちから使うことも世界から見たら、とても特別なことのようです。

また、学校事情もそれぞれで、日本では義務教育期間中に留年をすることはあまりありませんが、フランスやインドネシアでは、勉強についていけなければ、小学生から、2年生を2回したり、中学1年生をもう一度と言うことも特別なことではないようです。

日本では当たり前なことが世界を見回してみると、他の国では全く違った習慣があることが、ランドセル事情を見ただけでも感じられます。形の違いこそあれ、使うのはまだ小さい子供達です。デザインが一番ではなく、使いやすさと安全性が高いものが、どこの国でも作り続けられることを望みます。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る