ランドセルの値段が安い(激安)と高いでは何が違うの?

最近では1万円〜2万円台の低価格ランドセルも登場して、
ランドセル選びのバリエーションの1つになっています。

オープン価格のアウトレット品の中には、
なんと10,000円以下で買えるランドセルもあります。

こうした低価格のランドセル、予算面では嬉しいものの、
「本当にちゃんと6年間使えるの?」
と心配になってしまう人もいるのではないでしょうか。

激安ランドセルの疑問についてまとめました。

低価格ランドセルの特徴

安価な素材を使っている

安価な人工皮革を使っているものが多く、
そのため原材料費を安くあげているのが特徴です。

最近では合成皮革の技術も進歩してきたので、
昔のように「合成皮革=安い=悪い」とは決して限りませんが、
本革や良質なクラリーノ素材にくらべると、
やはり耐久性では落ちることが多いようです。

よくある不具合としては、

  • 金具部分が壊れてしまう(錠前、背カンなど)
  • 型崩れしやすい(サイド部分、取り出し口のフチなど)
  • 表面の劣化が早い(色落ちする、加工が剥がれるなど)

低価格ランドセルの全てにこうした不具合があるわけではなく、
しっかり6年間持つ製品もたくさんあります。

ですが、元気な男の子の場合など、
ちょっと乱暴な使い方をしたときに違いが出てくるのも事実です。

機能が少ない

価格を安くするために、必要最小限の機能で作られています。
錠前のオートロックや背カンのスライド機構など、
使いやすさに関わる機能は搭載していないものも多いです。

修理保証が無いものが多い

「6年間使える耐久性があるか?」を判断する一番の基準は、
長期修理保証が付いているかどうかです。

耐久性に自信のあるブランド、製品なら、
6年間の無料修理保証が付いているランドセルが一般的。
逆に修理保証の無いものは、ちょっと耐久性に不安があると言えます。

品質を考えるなら、老舗ブランドが安心

ランドセルの老舗メーカーとして有名なブランドであれば、
耐久性や品質にも定評があるので安心して選べます。

3〜4万円台の低価格ランドセルでも、
しっかり6年間使い続けられるものがほとんどです。

激安ランドセルを買っても、途中で壊れたりしてしまうと
結局、買い換え費用や修理代で高く付いてしまいますから、
ランドセルはしっかりした品質のものを選ぶのがおすすめです。

3〜4万円台のランドセルブランド

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る