ランドセルで目立つ色は防犯上問題があるの?

ランドセルの目立ちすぎるカラーは良くないの?
カラー選びはご近所に合わせた方がいい?

カラーランドセルを選ぶ際の、ちょっとしたコツをお話しします。

目立ちすぎるランドセルは選びにくい?

ここ数年で、ランドセルのカラーバリエーションはかなり豊富になってきています。
黒、赤以外のカラーを選ぶ家庭も増えてきて、
いろんなカラーランドセルを楽しめる状況になりました。

そうは言っても、お住まいの地域によっては、
黒と赤のランドセルが90%以上、ということもあると思います。

カラーの自由な地域なら、個性的なランドセルも選びやすいですが
そうではない場合、目立つカラーを購入するのは
ちょっと心理的にもハードルが高いかもしれませんね。

まずはご近所の「カラーチェック」から

ご近所に1、2件でもカラーランドセルを使っている世帯があれば、
それだけでもかなり個性的なカラーを選びやすくなります。

カラーにしようかどうしようか、と悩んでいる方はとりあえず、
近所の登下校の列をちょっと観察してみてください。
周りのご家庭がどんなランドセルを使っているか、チェックしておきましょう。

「○○さんのところもカラーだから、」
というちょっとした言い訳が意外と、迷っている気持ちを後押ししてくれますよ。

目立つランドセルは友達の間で浮いてしまう?

周りと違った色のランドセルを使っていると、
友達の間で浮いてしまわないか心配、というお父さんお母さんもいると思います。

確かに、小学校に入ったばかりの子の中には、
自分や他人のランドセルの色を過剰に気にする子もいます。

ですが、それもだいたい入学して2〜3ヶ月くらいまで。
すぐに関心はランドセルよりもっと別の事に移っていくので、
ランドセルの色が原因で友達関係が悪くなる、というケースは少ないようです。
お子さんが納得して選んだカラーであれば、心配する必要はないでしょう。

目立つ色は、防犯上良くない?

「周りの子と違う色のランドセルだと目立ってしまうので、防犯上であまり良くない」
という意見があります。

そうかと思うと、逆に
「犯罪者心理的に、目立つ色はターゲットに選びにくいので安全だ」
とする意見もあり、はっきりと結論は出ていないようです。

結局のところ、子供への防犯対策としては、

  • 防犯ブザーの携行
  • 集団下校の徹底
  • 近隣住民の協力

といった基本の対策が、もっとも効果的なようです。
ランドセルのカラーに関しては、それほど気にすることはなさそうですね。

男の子の人気ランキングはこちら
女の子の人気ランキングはこちら
ページの先頭へ戻る